転職がきっかけで利用するようになった

私は現金が手元にない時は、クレジットカードで買い物をしていました。しかし、職場の都合で転職をせざるを得なくなった時に、給与振り込み日の変更から収入が入るのが遅くなってしまいました。

今までは給与が入ると、すぐにそれを現金の支払いに充てていたのですが、給与支払日が半月以上遅くなってしまい、支払いに間に合わなくなってしまいました。

職場に交渉してみましたが、やはり無理で、結局キャッシングを使うことになりました。最初は少額だったので、すぐに返済することができました。しかし、慣れとは恐ろしいもので、キャッシングをすることが習慣になっていきました。毎月キャッシングをするようになり、いつのまにかキャッシングの残高が増えていくようになりました。

通常の支払いでは返済が不可能になり、長期払いに変更しました。1ヶ月の支払額が少額になったので、支払いやすくはなったものの、長期間ということで利息がかなり付いてしまいました。いつ終わるかわからないキャッシングの返済が何年も続きました。利息だけでもかなり支払っていたと思います。

仕事が上手くいかなくなり、収入が不安定になり、支払っていくのが困難いなっていきました。最終的には身内に相談して、お金を借りて一括返済をしました。簡単にキャッシングができたことが、自分の甘さと重なって、キャッシング額が増えていってしまった、今となっては痛い経験です。