ITと金融を組合わせた新技術、フィンテックの未来

フィンテックという言葉がかなり一般的になってきました。
要するにITと金融を組み合わせていかに新たな付加価値、ソリューションを生み出すかということです。

これまでも金融業界でももちろん、ITを導入することに関しては積極的だったと思います。
業界としてもインターネットバンクも立ち上がっていれば、投資に対しても過去のデータを蓄積してAIで判断基準を示すソリューションも立ち上がっているわけですから。しかし、これがすでに一般的なものになって、業界全体で取り入れられているかといえばまだまだです。

本当にフィンテックというにふさわしいソリューションは先を見据えてのものです。
たとえば、あらゆる金融商品の提案に当たって、顧客の資産状況に合わせて、最適な提案をはじき出す。
またはその資産運用結果をシミュレーションして判断の対象を設けるといったところまで出来るはずです。

一部の富裕層や高額所得層に対してのソリューションではなく、フィンテックの恩恵をいかに一般的なものにしていくか。
付加価値を一般的なレベルに持っていけるか、これがポイントになってくるわけです。
電機メーカーやITソリューション会社が今、金融業界とどんなソリューションや、付加価値を生み出せるのか取り組み中です。
こうした試行錯誤の結果、本当のフィンテックがどんなものか見えてくるはずです。